« 横田真一が13年ぶりV | トップページ

2011年7月18日 (月)

なでしこジャパン世界一

なでしこジャパンがやりました。女子ワールドカップサッカー。アメリカをくだし優勝。粘りに粘りピーケー戦で3×-1で勝利した。沢 穂希の同点ゴール。GK海堀 あゆみがよくとめた。これは、ピッチ、控えの選手もふくめ全員で勝ち取った勝利だろう。

 日本は69分に後半投入のモーガンに先制されたが、80分に宮間がゴールを決めて同点に追いつき、延長戦に突入した。

 104分、ワンバックのゴールで勝ち越されたが、延長戦後半の117分、沢がヘッドで決め、再び試合を振り出しに戻し、2―2でPK戦に入った。

  日本が国際サッカー連盟(FIFA)主催大会で優勝するのは、男女を通じて初めて。世界ランキング4位で6大会連続出場の日本は、これまでベスト8が最高 成績だったが、今大会は、準々決勝で3連覇を狙ったドイツを破ると、準決勝でスウェーデンに快勝。決勝でも、過去3分け21敗と1度も勝ったことのなかっ た米国を初めて破った。

|

« 横田真一が13年ぶりV | トップページ

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なでしこジャパン世界一:

« 横田真一が13年ぶりV | トップページ