2007年12月 4日 (火)

遼クン最高の1年を4冠で締めくくり

 「07年ユーキャン新語・流行語大賞」表彰式が3日、都内で開催され「(宮崎を)どげんかせんといかん」と今年のゴルフ界に旋風を巻き起こした石川遼(16=杉並学院1年)が3日、5月のツアー初優勝時に名付けられた愛称「ハニカミ王子」が年間大賞に選ばれた。大賞受 賞の東国原英夫宮崎県知事(50)は、地方発の言葉が大賞を取ったことに「地方の魂の叫びだ」と大感激。同じく大賞受賞のアマゴルファー石川遼と ともに、喜びを分かち合った。

続きを読む "遼クン最高の1年を4冠で締めくくり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末恒例のすす払い

 夏目漱石の小説「坊っちゃん」の舞台になった松山市の道後温泉本館(重要文化財)で4日、年末恒例のすす払いがあった。事務所の職員ら約70人が午前7 時から、畳150枚を運び出し、長さ約6メートルのほうきで屋根のほこりを払った。英語教師として旧制松山中学に赴任した漱石は、道後温泉本館に足しげく 通ったという。道後温泉本館は1894年に建設。96年から毎年、すす払いの日だけ休業に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

本田美奈子.さん三回忌追悼会

 急性骨髄性白血病のため亡くなった歌手本田美奈子.さん(享年38)の三回忌追悼会が6日、地元の埼玉・朝霞市民会館で行われた。親友の早見優(41) 島田歌穂(44)や、ミュージカル俳優ら総勢44人が集結した。美奈子さんの音源と「本田美奈子.クラシカル・ベスト~天に響く歌~(DVD付)」で

本田美奈子.クラシカル・ベスト~天に響く歌~(DVD付)

共演したほか「オン・マイ・オウン」 (レ・ミゼラブル)「命をあげよう」(ミス・サイゴン)など、美奈子さんの愛したミュージカルナンバー8曲を披露した。

続きを読む "本田美奈子.さん三回忌追悼会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月31日 (水)

いっ平、09春「林家三平」襲名

 落語家の林家いっ平さんが31日、東京都内で記者会見し、09年春に父親の高座名を継いで2代目林家三平を襲名すると正式に発表した。襲名披露 興行は同年3月下旬に都内の寄席でスタートする。いっ平さんは89年入門、93年に二ツ目、02年に真打ちに昇進、明るい高座が特徴。いっ平さんは「サー ビス精神、芸に対する熱心さを受け継ぎ、2代目としてやっていきたい」と話した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

ベネチア映画祭・金獅子賞に「ラスト、コーション」

 第64回ベネチア国際映画祭は8日夜(日本時間9日未明)、授賞式が行われ、コンペティション部門最高賞の金獅子賞に、アン・リー監督の「ラスト、コーション」が選ばれた。

続きを読む "ベネチア映画祭・金獅子賞に「ラスト、コーション」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

静香 主催者も仰天!12度目二科展

  「第92回二科展」が5日、東京・六本木の国立新美術館で開幕し、歌手で画家の工藤静香(37)が訪れた。

 主催の二科会が「30代の若さでは異例」とする12回目の入選を果たした。「あふれる感情」と題した80号(縦約145センチ、横112センチ)の油絵で、静香にとっては抽象画での初入選作になる。

工藤静香/Shizuka Kudo THE LIVE DVD COMPLETE BOX icon

iconicon

続きを読む "静香 主催者も仰天!12度目二科展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月31日 (金)

【第64回ヴェネチア国際映画祭】北野監督に1000人が一斉にスタンディングオベーション!

 「第64回ヴェネチア国際映画祭」で、新設された賞「GRORY TO THE FILMMARKERAWARD」の第1回受賞者に選ばれた北野武監督に対して30日、授賞セレモニーが行われた。

 北野監督の映画『監督・ばんざい!』の英語タイトルがそのまま名付けられた同賞は、常に新しい挑戦を続けている北野監督の姿勢に感銘を受けて、新設されたもの。セレモニーは、招待作品『監督・ばんざい!』の上映前に行われた。

続きを読む "【第64回ヴェネチア国際映画祭】北野監督に1000人が一斉にスタンディングオベーション!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

朝青龍騒動の成田空港から北野武監督、ベネチア映画祭参加のため出発

北野武監督(60)が29日、ベネチア映画祭参加のため成田空港から出発した。特別招待部門に出品された「監督・ばんざい!」の上映と、「GLORY  TO THE FILMMAKER!」賞の表彰式に出席する。カンヌ映画祭ではちょんまげ姿で登場して注目されたが、今回のサプライズについては「ご期待 を」と答えた。2時間後に同じターミナルから出発した大相撲の横綱朝青龍については「日本人の相撲取りが弱いだけなんだろう」。

北野武「監督・ばんざい!」公式ガイドブック Book 北野武「監督・ばんざい!」公式ガイドブック

販売元:角川メディアハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "朝青龍騒動の成田空港から北野武監督、ベネチア映画祭参加のため出発"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

神尾真由子「ジャンルを超えた演奏家に」

 チャイコフスキー国際コンクールのバイオリン部門で優勝したバイオリニスト神尾真由子(21)が2日、都内のホテルで凱旋(がいせん)会見を行った。
 同部門の日本人優勝者は、90年の諏訪内晶子以来、2人目。同コンクールは4年に1度行われ、若手音楽家の登竜門として知られる。
  会見には数十人の報道陣が出席。「自分でもビックリしています。プレッシャーは感じていませんが、たくさんの方の前でしゃべるのはガラではないので緊張し ています」と気さくに話し、会場を和ませた。演奏はクラシックだが、ロックを愛聴している。米ロックバンド、ニルバーナのファンで「最近もCDを買ったん ですよ」と気取った様子はなかった。

続きを読む "神尾真由子「ジャンルを超えた演奏家に」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

甲子園出場校決定の日…阿久悠さん逝く

 阿久さんは01年5月、病院で健康診断を受けた際、腎臓がんが見つかった。米中枢同時テロが起きた前日の同年9月10日に入院して手術を受け、腎臓の1 つを摘出した。以来、入退院を繰り返したが、今年5月から本紙で、自らの作品について時代背景を交えながら書く「阿久悠の昭和ジュークボックス」の連載を 開始。7月10日に入院後も執筆を継続し、同22日付の伊藤咲子「ひまわり娘」で第1部を終了したが、第2部再開に意欲を見せていた。

iconicon

続きを読む "甲子園出場校決定の日…阿久悠さん逝く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)